2022年6月28日火曜日

2022年6月7日火曜日

【海老名市議会】「一般質問」項目決まりました

以下の内容で、6/14(火)私の出番となります(13時30分ごろ~開始の見込み)。

**********************

 【1】新型コロナウイルス感染症及びその影響への諸対応について

1.市民生活への支援について、認識と対応を伺う

2.市内事業者への支援について、認識と対応を伺う


【2】ロシア政府によるウクライナ軍事侵攻に対する声明発表後の市としての認識と対応について

1.ウクライナからの避難民への対応と生活支援策について、認識を伺う

2.外国人の人権について、認識と対応を伺う

 

【3】教育行政における諸課題について

・今後の学校給食のあり方について考えを伺う

 ・今後の学校施設のあり方について考えを伺う

2022年3月25日金曜日

【とりくみ】新ポスター貼り

ポスター貼り場所提供で長年協力いただいているお宅に、新しくできたポスターを本日合間時間を見つけて貼り出しに出動。今議会でも気候問題について取り上げましたが、いいポスターですね(手前味噌ですが)。


2022年3月4日金曜日

【海老名市政】3月の教育委員会定例会を傍聴

本日は、3月の教育委員会定例会を傍聴。

残念ながら、コロナの影響で3月に延期して実施を予定していた学校の修学旅行が中止となる可能性が高まりました。
そこで、今回の様に修学旅行・野外教育活動がコロナも含む災害などで中止となった場合や、保護者の判断で子どもを不参加にした場合の「キャンセル料」負担をなくすための決まりを議論し、その通り決定。


今回もいい対応だと思います。
県内のある自治体ではそういった場合もキャンセル料負担を保護者に求めることが問題になっており、3月議会の「一般質問」で海老名市としての対応はどうするのか取り上げようと通告して準備していたところ。

今回決定された規定は1年で期限が切れるので、(コロナが何年続くか残念ながら予断を許さないので)1年後以降将来どうする考えか?確認も含めて予定通り取り上げるつもり。

2022年3月2日水曜日

【海老名市議会】一般質問の項目決まりました(出番は3/15(火)夕方頃)

本日、議長あてに通告書を提出。以下の内容を取り上げます。

【1】新型コロナウイルス感染症およびその影響への諸対応について
1.新型コロナの影響を受ける市民および市内事業者への支援について
2.PCR・抗原検査等の実施のあり方について
3.教育委員会における諸対応について

【2】国民健康保険制度のあり方について
1.「国保税」の今後のあり方について
2.「子どもの均等割」全廃を求める
3.国保税減免、納付相談・滞納への対応について

【3】「ジェンダー平等」や性の多様性の課題について
○ 「パートナーシップ宣誓制度」開始にあたっての対応と今後の方向性について

【4】女性、子ども、若者への支援策について
○ 「生理の尊厳」に関するこの間の対応状況、および今後の方向性について

【5】市内開発における諸課題への対応について
○ 電波障害問題への対応について、市の認識と取り組みを伺う

2022年2月25日金曜日

【海老名市議会】2022年度予算(案)に対する会派「代表質疑」、項目決めました

3月3日(第1回定例会の2日目)に行う予算案に対する代表質疑の項目を議長あてに通告しました。
締め切り日は週明け月曜日の午前中ですが、今回は早目に項目を決めて通告することができました(初めてかな)。

<質問要旨> 

1.来年度の市財政の考え方と、市民負担のあり方について

(1)来年度の税収、歳出および各種「基金」のあり方について、認識を伺う

(2)来年度の市民負担のあり方について、認識を伺う

2.市内における開発事業について

(1)「海老名駅東口周辺の自由通路延伸」の考え方について、認識を伺う

(2)「(仮称)大谷・杉久保地区公園整備事業」の考え方について、認識を伺う

3.公共施設のあり方について

(1)市民の公共施設使用料負担の考え方について、認識を伺う

(2)「公共施設再編(適正化)計画」の改定について、認識を伺う 

4.新型コロナウイルス感染症、およびその影響への対応策について

(1)基本的な認識および取り組み姿勢を伺う

(2)「PCR検査」等への助成制度の来年度の考え方、および施策について伺う

(3)「自宅療養者支援」など、市民への対応を伺う

(4)医療機関等への財政支援策について伺う

(5)市民生活および市内事業者への支援策について伺う

5.「ジェンダー平等」や性の多様性の課題、および女性・子ども・若者への支援策について

(1)「同性パートナーシップ宣誓制度」の開始にあたって、認識を伺う

(2)「生理の貧困」問題への認識と対応を伺う